■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

 

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:201011

減量をする場合、
確実に必要となるのが食事制限。

それは、
食事制限によって
摂取カロリーを抑える必要があるからです。

しかし減量を行う多くの人は、
食事制限を正しく理解していないようです。

食事制限とは
「食べない」ではなく
「食べる量を減らす」のが正しい考え方なんです。

間違った食事制限で一番多いのが、
食事回数を減らすことです。
これは一番やってはいけない
減量のやり方です。

1日2食や1日1食など、
知識のない食事制限が行き着く先は
「減量失敗」しかありません。

極端な食事制限でも、
確かに摂取カロリーを抑えることができるのですが、
同時に筋肉量も消費させてしまい…

筋肉量が少なくなれば基礎代謝が低下し、
脂肪を燃焼しにくい体となってしまいます。

結果的に
体重は落ちても脂肪は落ちていない…

筋肉量が低下して体重が減っているので、
引き締まった体にならないのです。

だから体重が減っても、
お腹の脂肪はしっかりと残っているのです。

正しい食事制限とは
「食べる量をコントロールする」こと。

必要なカロリー量はしっかりと食べ、
それ以上はカロリーを摂らないようにすることです。

なので、
1日3食は絶対に食べるようにしましょう!

これは減量の基本であり
健康を保つためにも重要なことです。

そしてカロリー量は、
その3食分のカロリー量を調整することがポイントとなるのです。

そうすることで、
体に必要なエネルギーを確保し、筋肉量を落とさず、
体脂肪が燃焼しやすい体をつくっていくことができるのです。