■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

 

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:201201

わたくしたち人間の視力というのは、
常に一定にあるのではない。

赤ちゃんの時はぼんやりとしか見えず、
徐々に視力を上げていって、
5歳でお子さんの視力は出来上がり、
12歳までは絶対に落ちないものである。

5歳までは視力が向上して行くので、
この期間中に過度の勉強などさせない方がいい。

お子さんを外で遊ばせておけば、
自然と視力は
「2.0」以上になるものなのである。

ところが、
ほとんどのお母さんたちは
お子さんの視力に関しては全くの無知であるために、
お子さんの視力が悪いとスグに眼科医に行ってしまい、
お子さんに眼鏡をかけてさせてしまう…

お子さんが眼鏡をかけると
体操量が激減して更に視力を落としてしまうし、
視力が悪いと頭も悪くなるものなのである。

加えて、
眼鏡のために頭蓋骨がいびつになり、
今度は歯に影響が出始め、
虫歯にもなりやすくなる。

一方、
日本には眼科医はいても、
視力を向上させる医者がいない。

日本の眼科は国民健康保険があるために、
先進国の中でも非常に遅れていて、
お子さんの視力が落ちたら
「はい眼鏡!」ということになっている。

しかも、
お子さんの目を取り巻く環境は年々悪化していて、
テレビの見過ぎ、パソコンの普及、体操不足、
ファストフードの常食化…など、
お子さんの目が確実に悪くなる一方にある。

それゆえ小学生なのに
眼鏡をかけているお子さんが多いし、
幼稚園児でも眼鏡をかけているお子さんがいるのだ。

でも
お子さんの近視は大人の近視とは違い、
少し改善措置を施せば簡単に視力回復できてしまう。

お子さんは視力が落ちるのが早いが、
回復するのも早い。

お子さんの近視は
「小児性仮性近視」と呼ぶべきであって、
その近視はあくまでも仮性であって、
特別な治療を施せば簡単に治るものなのである。