■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:210217

「好きなものが食べられない」ダイエットは、
ガマンとストレスを生み出してしまいます。

それなら、視点を変えてみてはどうでしょうか?
それは「好きなもの」をたくさん挙げてみるんです。

わたくしの場合だと、
カレーライス、とんこつラーメン、
チキンカツ、チキンカツ、キムチ、納豆…などなど
太りそうなもののオンパレードです…
だから太っていたんですけど…

でもその中でも、ダイエットに良いものもあります。
上の例で言うならば 「納豆」「キムチ」 などがそれに当たります。

だから連日、夕食の時には、
「キムチ」をたくさん食べるようにして
ご飯の量を減らしています。
「ちょっと足りないな」と思った時も、
キムチを多めに食べるようにしています。

このように「好きなもの」の中で
「ダイエットに良いもの」に焦点をあてれば良いのです!

ダイエットに成功した太郎の中にも、
とんこつラーメン、チキンカツ、チキンカツなどが大好きな人がいます。
でも、好きなものをやめるような事はしませんでした。

その太郎の場合は、好物の中に「ソバ」があったため、
三食のうちの一食を「ソバ」に置き換え、
約4KGのダイエットに成功したんですよ!

「好きなもの」ですから、
これを多めに食べることに対して、「苦」はありませんよね。
そして、これら「好きなもの」を食べれば
必然的に他の物の量も減らせます。

こんな感じで、
「減らすこと」に努力するのではなく、
「好きなもの」をクローズアップすれば、
ストレスは感じないんです!

当然ですよね。
自分の「好きなもの」を食べてダイエットするわけですから…

だから
是非、自分の「好きなもの」をピックアップして、
「ダイエットに適したもの」を見つけることをオススメします!