■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意


■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。




■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:200607

妻がPTAの副会長をしていた頃には、
おれは副会長のご主人と呼ばれていました。

入れ替わりでおれが会長になったとき、
妻が会長の奥さんと呼ばれるようになるのに
そう日数はかかりませんでした。

いろんな行事で衆人環視の中に立つことによって、
顔を覚えられてしまいました。

道を歩いていると
見知らぬ方から挨拶をして頂くことが多くなってきました。

そんなある日のあさ、
狭い道を横断しようと歩道の前に一人立ったときのことです。
信号は赤でしたが車は見えません。

以前のおれなら赤信号を無視して渡っていたでしょうが、
その時は信号のボタンを押して、青信号になるのをむなしく待ちました。
誰かに見られているというブレーキがかかったからです。

お子様の頃、父母に内緒で危ない冒険をしたとき、
父母には筒抜けであった経験があります。

父母には見られていないはずなのにと不思議でしたが、
誰かが見かけて父母のネットワークで知らせていたのでしょう。

地域のお子様にとっては知らないよその大人でも、
大人の方はお子様を知っていたのですね。

やがて見られているという思いが
悪さにブレーキをかけるきっかけになっていったようです。

「旅の恥は掻き捨て」という悪習は、
自分が知られていないという思いこみに発しています。

今のお子様たちは、
自分の住む地域でまるで旅人のようになっています。
父母のネットワークがすっかり消滅しているからです。

教育力というのは、
父母たちがお子様たちを見知っている地域にしか
備わらないものだと思います。
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報