■レーシック情報:術後の安定までの日数

■レーシック情報:術後の安定までの日数


■レーシック情報:術後の安定までの日数
レーシックの手術を実際にした人の意見を聞きますと、その効果が現れてくるのは手術を受けて一日が経過した時のようです。
ただしレーシック手術の種類、視力矯正の種類によりましては、効果の出方に多少なりの差が生じることがあります。

レーシック手術の効果が安定してくる時期は、基本的に手術を受けてから一ヶ月程度と覚えておきましょう。
このようなことは事前に担当医から説明があるハズですので、聞き逃しの無いようにわからないことは積極的に質問をしていきましょう。レーシックの手術をすることにより、多くの方が疑問に思っていることがあります。
それがレーシック後に、どの程度でその効果を実感することが出来るのか?ということです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。




■レーシック情報:術後の安定までの日数ブログ:210307

減量に励んでいても
「体重が落ちなくなった…」
ということは誰にでもあります。

ここで多くの人がやってしまうパターンが、
さらに摂取カロリーを減らしてしまうことです。

これをやってしまうと、
代謝も極端に低下して、より体の脂肪が落ちなくなります。
摂取カロリーを減らしすぎるのは
減量には逆効果になるので、
絶対にやってはいけません。

体の脂肪が減らなくなる一番の原因は、
体が摂取エネルギーの減少に適応してしまうことです。

なので、
ご飯の摂り方に変化をつけることが
減量効果を上げるのです。

多くの人は、
摂取カロリー量を制限する場合、
「減らすこと」しか頭にありませんが、
実は「増やすこと」が大きなポイントとなります。

例えば…
一日1500キロカロリー食べている場合、
1週間のうち二日間、
摂取カロリーを200~300キロカロリー程度増やします。

この時、
炭水化物でカロリーを増やすのがポイントとなります。
おにぎり1~2個程度のごはんを
いつもより多く食べるようにするのです。

二日間、炭水化物でカロリーを増やしたら、
またもとのカロリー量に戻します。

5日間は1500キロカロリーで、
二日間は1800キロカロリー摂る、そしてまた1500キロカロリーに戻す。
このようなサイクルで食事を摂ります。

こうしてカロリーを増減したご飯を行うことで、
エネルギー・レベルを高く保つことができるので
炭水化物を常に制限している場合よりも、
速いスピードで体の脂肪を落とすことができるのです。

減量ではカロリーを「減らす」だけではなく、
時には「増やす」ことも重要なポイントとなるのです。

■レーシック情報:術後の安定までの日数

■レーシック情報:術後の安定までの日数

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報