■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について


■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。




■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:210228

水はの体質中では
血液や皮膚、筋肉、臓器、骨、などあらゆる場所にあり、
成人では体質の約6割が水分で構成されています。

一日に必要な水分量については諸説あり、
一概にこれだけと言い切れませんが、
人間の体質は安静にしていても最低1200mlは必要なので、
一日あたり、
1500ml(1.5L)~2000ml(2L)の水分補給が望ましいとされています。

一日で体質から出て行く水分は
便と尿で1400ml、汗と呼気で900ml…
合計2300mlの水分が排出されています。

ですから、
失われる水分を補給する意味でも
一日2Lの水分は必要ということになりますね。

でも、
その2Lをすべて「飲む水分」と考えなくても大丈夫です。
食べ物からも水分が得られます。

野菜や果物にも多くの水分が含まれていますし、
お米もライスになると水を含むので
水分は約4倍に増えます。

また、
出て行く水分も多く
意外に思われるかもしれませんが、
意識しなくても体質は、
体質の中の水分量を一定に保ってくれているのです。

おすすめの水分補給のタイミングは
朝目覚めたとき・お風呂の前後・寝る前、
あとは喉が渇く前に少しずつこまめに飲むのが無理なく続けられますよ。

水道水は、
一度沸かした湯冷ましの方が有害物質が抑えられます。
お気に入りのミネラルウォーターを見つけるのもいいですね。
ジュースや甘い飲み物は嗜好飲料に分類されますので
楽しみ程度にしておきましょう。

水分を味方につけて
体質の中も外もきれいにしていきたいですね。

おしまい!!!

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

★メニュー

■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)驚きを隠せないレーシック推進情報